九谷焼を英語で説明する場合



日本の伝統工芸を英語で説明しなくてはいけない場合、多くの場合、専門用語の解釈が壁になる場合が多いです。たとえば工芸(こうげい)という言葉自体がアートなのか量産品なのかで表現も変わります。今でこそ「KOUGEI」とそのままの単語でも通じるような取り組みを行っていますが、とにかく歴史や伝統、技法の英語訳には難しい部分が多いです。

九谷焼も多彩な技法や色彩の説明、複雑な歴史背景を持ち合わせているので英訳するには難解な部分が多い焼き物です。ただ先人が "ジャパンクタニ" と称し明治期以降、世界に進出していった事実を知る上ではグローバルな対応も必須だと思います。

下記にざっくりとした九谷焼の歴史と特徴を和文、英文で記載致しますので九谷焼を英語でご説明する際のお役に立てれば幸いです。

九谷焼の誕生

山深き、大聖寺川上流の旧九谷村。訪れる人も疎らな奥山に「古九谷窯址」碑が静かに佇んでいます。1655年(明暦元年)頃、大聖寺藩(加賀藩の分家)は、この地の陶石をもとに開窯。創出された磁器は、後に「古九谷(こくたに)」と呼ばれ、日本色絵磁器の礎となりました。青(緑)、黄、赤、紫、紺青。濃厚な色彩が自由闊達に躍る上絵(うわえ)は、九谷焼の"美の源流"です。しかし、わずか半世紀で謎に包まれた廃窯。この古九谷の謎の消滅が現代においても解明されていない大きな謎となっており、九谷焼の神秘性を高める一説となっております。その約100年後(空白の100年)、加賀藩の奨励により、九谷焼は再び覚醒します。春日山(かすがやま)窯、若杉(わかすぎ)窯が開窯、「再興九谷」の気運に乗じた吉田屋(よしだや)窯らが次々に色絵磁器を生産するなど、さまざまな感性が競い合い融合し、今日に受け継がれる百花繚乱の上絵技術が誕生しました。近代においては、華やかな彩色金襴手(さいしょくきんらんで)の作風が「ジャパンクタニ」の名で欧米に深く浸透しています。謎多き「古九谷」に始まった芸術性の高い陶磁器は「再興九谷」で実用性を備え、用の美を具有する九谷焼はいつの時代においても、その時代に合った美へと進化し続ける稀有な伝統工芸であると言えます。

The origin of the five spectacular Kutani colors

At the upper reaches of the Daishouji River,deep in the mountains,
there was once a village called Kutani.
A stone monument bearing the inscription "Ko-Kutani kiln ruins" stands quietly in a clearing.
It marks the spot where the Daishoji Clan(a branch of the Kaga Clan)
established a kiln in about 1655,to make use of the local porcelain stone.
The porcelain ware that was created there was later called "Ko-Kutani,"
and became the foundation for Japanese colored porcelain ware.
Rich overglaze colors applied with fluid brushwork

- green,yellow,red,purple and blue -

give Kutani porcelain its characteristic beauty.
However,only half a century later the kiln was abandoned for reasons thatnobody knows.
About 100 years later,
Kutani porcelain was revived under the patronage of the Kaga clan.
The Kasugayama and Wakasugi kilns were established,
and kilns such as the Yoshidaya kiln rode on the momentum of"revived Kutani",
all producing overglaze porcelain ware.
Various styles competed and combined to develop into the overglaze techniques
that have been handed down to this day.
In modern times,
the gorgeous Kinrande style has become well known in the West as "Japan Kutani."
Kutani porcelain,which combines the artistry of Ko-Kutani ware and the utilitarian beauty that developed from
"revived Kutani",continues to evolve.

http://www.wazahonpo.jp/